換金率アップという広告は信じてもいいのか?

- 換金率アップという広告は信じてもいいのか?

換金率アップという広告は信じてもいいのか?

せっかくクレジットカード現金化を利用するのであれば、換金率が高いところを選ぶ方がどう考えてもいいわけです。
特に換金率アップと広告がある場合には利用者としてもうれしいのではないでしょうか。
しかし、注意しなければいけないこともあり、元々の換金率がどうなのかということを調べてみないことにはお得になるかどうかはわからないわけです。

元の換金率が分からないことに何とも言えない

換金率アップと言うのは利用者にとってうれしいことは間違いないわけですが、その文言だけでは何とも言えません。
例えば、換金率が40%で50%にアップするという場合でも換金率アップには違いないわけですが、もともとの額が低すぎますし、最終結果の額も低すぎるということもあり得ます。
換金率アップと言う広告があれば、もともと何%の換金率で、どうなるのかをチェックしないことには何とも言えないわけです。

換金率を低くして換金率アップをアピールしている業者もいる

あえて換金率を低くして換金率アップと言うことをアピールしている業者もいます。
Webサイトに大きくアピールしていて換金率アップをしているんだということで、利用者からの問い合わせを増やしているわけです。
換金率アップをアピールしたとしても、もともとの換金率が低ければ全然利用者としては得をしないということにもなりかねません。

実際の振込金額がいくらなのかをチェックする

換金率の表記があれば、実際にどのくらい振り込まれるのかと言うことをチェックして確かめた方がいいです。
いくら換金率が5%アップと言っても、実際にどのくらい振り込まれるのかが分からないと判断のしようがありませんので、実際の振込金額をベースとしてチェックをしましょう。

実際のクレジットカードを選ぶときの参考にどうぞ。

カードご利用分は銀行口座からまとめて自動引き落としされますので、面倒な振込手続きなどの経費処理を簡素化できます。 ご出張やご旅行時をはじめ、大切な方との会食時など、ビジネスにお役立ていただける、様々な特典・サービスをご用意しております。 充実のカード付帯保険やプロテクションなど、安心してビジネスに打ちこんでいただくための
サポートをいたします。

引用元:個人事業主様向けのカード|アメリカン・エキスプレス

換金率アップと言う文言だけで釣られない

クレジットカード現金化は換金率が高ければいいわけですが、換金率アップと言う文言だけに釣られないようにしましょう。
元の換金率がどのくらいで、実際にどのくらい振り込まれるのかをチェックしてみないことにはわかりません。

Similar Posts:

    None Found