クレジットカードを落とした時の対処法

- クレジットカードを落とした時の対処法

クレジットカードを落とした時の対処法

まず何より発行会社に連絡すること

クレジットカードを落としてしまった時に何よりも優先しなければならないのは発行会社へすぐにその事実を電話連絡をすることです。

発行会社は盗難や紛失などの緊急事態に対処するために24時間365日体制で連絡を受け付けるコールセンターを持っています。
速やかに連絡することによって不正使用を少なくすることができます。
発行会社は連絡を受けるとただちにクレジットカードの利用停止手続きをとりますので、それ以降の不正使用はできなくなります。
連絡が遅れれば遅れるほど不正利用のリスクが高くなっていまいます。
素早い連絡は自分を守ることにもつながります。
クレジットカードを使ったサービスには女性向けのプランなどもあります。
それを利用しない手はないので、無くさないようにしましょう。

警察に紛失届を提出する

6ye45drjkmtju
発行会社に連絡した後は、速やかに警察署か交番に行って紛失届を提出しなければなりません。

なぜ警察に紛失届を出さなければならないのかは、紛失届はクレジットカードを紛失した証明が警察によってなされるからです。
落としたクレジットカードの発行会社の利用停止によって不正利用が防止されれていればいいのすが、発行会社の利用停止の手続きの前に不正利用されていた場合にはクレジットカード会社の保険などで補償を受けなければなりません。
補償を受ける場合に警察に紛失届を出していなければ、補償を受けられないケースがあるからです。

再度、発行会社に電話連絡する

警察にクレジットカードの紛失届を提出することによって、警察からは届出ナンバーを受け取ることができます。
届出ナンバーは警察に紛失届を提出したという証明書のようなものです。
この届出ナンバーを受け取れば、もう一度発行会社に電話をして警察に紛失届を提出したことと、届出ナンバーを伝えます。
これによって、もし落としたクレジットカードが不正利用されたとしても発行会社から不正利用額の補償を受けることができるようになります。

補償が受けられない場合はあるか

上記のような手続きを実行すれば、クレジットカードを落としたことによる不正利用をされたとしても、ほとんどの場合は補償を受けることができます。
しかし、手続きを実行したとしても条件によっては補償がされないことがあります。

まずはクレジットカードに保険が付帯していない場合です。
ほとんどは保険が付いており、補償されることになりますが、一部のクレジットカードでは保険が付帯しておらず、別途に保険を付けないといけない場合もあるようです。
また、クレジットカードの保険は届出をした時からさかのぼって60日間の損害を補償することになっていることが多いので、60日間以上の落としたことに気がつかないような場合には60日より前の損害は補償されません。
その上、クレジットカードの保管などで利用者に重大な過失がある場合も補償されない場合があります。

Similar Posts:

    None Found