最大換金率にも十分に注意する

- 最大換金率にも十分に注意する

最大換金率にも十分に注意する

クレジットカード現金化を申し込む時には換金率に注目している人が多いのは十分に分かります。
特に最大換金率96%などの数字が並ぶと相当戻ってくるなあと言う印象を受けるのではないでしょうか。
しかし、最大換金率には十分に注意しておく必要が出てきます。
ここではどういう点に注意すればいいのかという点について解説していきます。

業者側にも決済手数料が存在する

利用者がクレジットカードを利用する時には、業者の方にも決済手数料と呼ばれるものが発生します。
これは決済を管理している決済代行会社に対して決済額の3%から13%を支払う必要が出てきます。
そのため、業者が誇大広告している98%の最大還元率と言うのはあり得ないと考えた方がいいでしょう。

最大とか最高という言葉に釣られない

どうしても最大換金率やら最高換金率という言葉を見てしまうと、気になってしまいます。
しかし、最大98%と言う換金率はあり得ないと考えてよく、実際にはもっと低くなることが予想されますので、十分な注意が必要になります。
最大とか最高と言うことははあくまでも客引きの言葉に過ぎません。
実際にどのくらい換金されるのかという観点で選んでいくといいでしょう。
10万円までの申し込みであれば換金率が80%を超える業者を選ぶべきです。

口コミを確認して実際の換金率を把握する

業者のホームページを見たとしても実際にその数値で換金されるかどうかはわかりません。
実際の換金率を知るためには利用者に尋ねた方がいいわけですが、そういう人がいなければ口コミを参考にするのもいいのではないでしょうか。
ただし、あくまで参考のつもりで見ていくことをお勧めします。

最大換金率に釣られずに、実際の換金率を気にするべき

クレジットカード現金化の業者は利用者を引き付けるために98%と言う最大換金率を掲げているところがあります。
しかし、業者側にも決済手数料を支払う必要がありますので、実際にそれだけの割合を換金できるわけがありませんので注意をしてください。